ADDress生活36日目 ノマドランド鑑賞(岡山)

ADDress生活

岡山を散策し、映画「ノマドランド」を観に行きました☺

岡山の庭園後楽園&岡山城

真ん中に広い湖?があり、風で水面が波打ってる感じがなんとも風情でうっとりしてしまう☺

緊急事態宣言中なので残念ながら茶室はほぼ閉まっていましたが、
アヒルさんボートがある方面ラーメン屋さんや喫茶はやっていたので、川を見ながら食事が出来そうでした♪

岡山城は、小田原城のように屋上(?)の外に出られるタイプではなかったのですが、刀だったり、写真が撮れるところがあってゆっくり楽しめて良かった☺

※現在は5月末まで休園

岡山県立図書館

かなり広いし、こうやって毎月コーナーを作っているのは使ってる側として色んな本と触れ合えて楽しそうだなと思いました☺

↓気になった本

岡山のミニシアター「シネマ・クレール」

シネマ・クレール丸の内 · 〒700-0823 岡山県岡山市北区丸の内1丁目5−1
★★★★☆ · 映画館


水曜日はレディースデーで1300円ということで、この日を狙ってパートナーと行くことに。

多拠点生活を試している私たちにとって、
ノマドライフ(自由な場所で暮らすこと)をしている人の映画「ノマドランド」はずっとずっと観たかったんです。

いわゆるキッチンカーで移動しながら生活する話なのですが、
今のようにネットで稼ぐのではなく、Amazonの倉庫だったり、キャンプ広場の清掃員だったり、その拠点ごとで仕事場を探して小銭を稼ぎます。

映画中はまるでドキュメンタリーのようにリアルな生活が映されていて。

ノマドライフ・多拠点生活は「自由」と銘打ってはいるけれども、決して「自由」=「身軽」ではない。

重い罪を背負ってそうゆう生き方の人もいる。

家から逃げ出さなきゃいけない環境だった人もいる。

思い出したくない記憶をかき消すために、あちこち動いてる人もいる。

「のんびり気楽に」暮らせてる人は、
「結婚」「出産」「戸建て」から飛び出た人であっても、ほんと一握りなんだなと。

自分たちにはどうゆう生活が合っているのか?めちゃくちゃ考えさせられる映画でした。

今日のごはん


今日の支出

【外食費】
コッペパン
パスタ
=4160円

【娯楽費】
岡山後楽園
岡山城
映画代
=4560円

合計=8720円

あみーご

タイトルとURLをコピーしました