ADDress 沖縄名護A 7日目

ADDress生活

沖縄名護Aの最終日には、家守のゆたかっちさんが経営する「思い出書店」さんに本を交換しに行きました☺

「思い出書店」とは?

左が沖縄名護A家守&思い出書店の主


「思い出書店」は、沖縄の名護市に「coconova」というコミュニティスペースがあります。
自分の思い出のある本と、他の人の思い出の本との交換が出来て、みんなの想いを繋げていくようなコンセプトの素敵な本屋さん。

交換するときの流れ

自分の思い出本を持っていく

帯を書く

思い出書店のLINE@で「交換する」を押す

「帯に振ってある番号」と「本のタイトル」を入力

交換する本の「帯の番号」と「本のタイトル」を入力
(帯がない本との交換は、交換する本に空の帯を巻いてその帯番号を入力する)

スタッフさんにワンタイムパスワードが送られるので、それを教えてもらい、入力

交換終了

私が持って行った思い出本は、沖縄那覇の国際通りの市場内にポツンとある、市場の古本屋ウララさんの「那覇の市場で古本屋」


去年ADDressの沖縄那覇Aに滞在していた時に行った古本屋さんで。
隣りではフルーツを売ってて本当に市場の中に突然あるような感じなんだけど、沖縄県産本が豊富に取り揃えていてその苦労なども描かれている面白い本なんです♪

そして、交換したのはパートナーのたっちゃんが欲しがってた哲学書(?)


私にはさっぱり分からないのですが(ひどいw)、たっちゃんとゆたかっちさんがSFや西洋&東洋哲学についてめちゃくちゃ話が盛り上がっていて、そこで教えてもらった本が「coconovaの本棚にありますよ」と言っていたので探しに探し、他の本と迷いに迷いw交換したのでした☺

たっちゃんは基本無口なんですが自分の好きなジャンルが話せると饒舌になって楽しくなるタイプなので、私としてもこうやってゆたかっちさんと仲良くお喋りしてる姿が見れて嬉しかったです♪

沖縄の琉球ガラスの販売店「森のガラス館」


これ、色分けしてないかけらは440円なのに、色分けしてるかけらはなんと2200円😂ww
本来破棄されるものがこうして売ることができて、さらに色分けしてるだけで5倍の値段で売れる(現に私が赤色が欲しくて、まんまと買った)なんてすごいなぁ。小豆島の蛸壺とか割れた陶器もキレイに洗ってまとめたら売れるんじゃないかなぁ?なんて夢が広がるのでした!

沖縄名護Cのシェアハウスメイトさんと居酒屋

沖縄名護にはABCと3拠点あり、Cのシェアハウスに「たーぼー」という男の子がいて、色々恋バナなどして仲良くなったので名護最終日はオススメしてもらった居酒屋でご飯を食べました♪

ADDress旅する本棚(ADDress内の図書館のようなシステム)もCの方で導入したいと言ってくれて。地域の人との交流にも使える本棚になるといいなぁなんて思います☺

今日のごはん

レバニラ定食


ブルーシール シークワーサー&紅イモ

みそ汁定食

今日の支出

さんぴん茶=120円
カナサでお土産=1410円
レバニラ定食=500円
麻婆豆腐定食=500円
琉球ガラスのかけら×3=2970円
ブルーシールアイス レギュラーのダブル=660円
居酒屋=5500円くらい

合計=1万1660円

あみーご

タイトルとURLをコピーしました