ADDress48日目 妖怪美術館👻(小豆島)

ADDress生活

拠点から歩いていける距離にある妖怪美術館に行ってきました♪

妖怪美術館

妖怪美術館は1人2900円と結構高値なんですが😂、前日のWeb予約をすると400円引きの2500円になるので日付と時間を指定してから行きました☺

当日は、妖怪美術館の受付で予約時のQRコードを見せると、美術館の地図と各建物の扉の暗証番号が渡されます。

妖怪美術館は1~4まであって、ちょっとの距離歩きます。

それぞれで毎回暗証番号が必要になってくるのですが、暗証番号を入力して入る感じもおどろおどろしく思えるのが面白い😂w

キィィ・・・バタン。ピロリロリィ。(ドアの施錠音)

もうここから出られなくなりそうな雰囲気を感じながら、音声ガイドを聞きつつ進みます。

無料の音声ガイドを聞きながら歩くと、
しっとりとした女性の声が美しすぎてちょっと寒気がしてくる。

木の階段のギシッギシ、ミシッミシという音や、
螺旋階段のコンコン・・・コンコン・・・、と

自分たちしかいないからこそ足音が響きすぎている感じも怖さを増幅させていて。

これ私1人だったら、怖すぎて進めてなかったかもしれない😂(ホラー小説好きなくせにビビり)

中盤はちょっとコミカルな感じの妖怪が出てくるのですが、最後はロウソクの光しかない部屋に案内されて・・・
バッチリ妖怪を堪能させてくれました(≧∇≦)✨

ちなみに今回見た中で私の好きな妖怪は、とっくりさんです!可愛い!w

妖怪が出来たいきさつは諸説あるんですけど、

物の扱いを大事にしようねってことで「割ったり、使わないでいると妖怪になって化けて出てくるぞ~!」なんて言われていたのだとか☺

子どもに対して「夜更かししてると鬼が来るぞ~」って言うやつと同じ感じですかね(≧∇≦)?

妖怪美術館のお土産屋さんコーナーでは、手ぬぐいやファイルなどありましたが、
他にもシールとかノートとか、ガチャガチャのフィギュアとかもっと豊富にあると嬉しかったなぁ・・・なんて思いつつ、

普通の小豆島物産のジャムとそうめんを買いましたww

緑色のオリーブ油が練りこんである(?)そうめん!

美術館は貸切状態で、音声ガイドを全部聞きながらゆっくり見れて(ちょっと戻ったりも出来て)めちゃくちゃ楽しかったので是非とも行ってほしいです!!

ちなみに妖怪美術館のYouTubeも異世界感あって楽しいですよ!😂✨

妖怪美術館【公式】
小豆島・迷路のまちの【妖怪美術館】公式チャンネルです。 現代の妖怪が世界中から800体以上も集まる、世界でここにしかない美術館。 ▼音声ガイドで楽しさが100倍に! 妖怪美術館は音声ガイドをききながら回るように設計されています。 [iPhone]on the tripアプリをDL、妖怪美術館ガイド(無料) [a...

小豆島の特産品を使った「蒸しパン」作り

小豆島のADDress拠点は家守さんが色んなオリーブオイル醤油を揃えていて、
1日50円の寄付(拠点によって基準は違います)をして気軽に試すことが出来ます☺

そこで、私の趣味の蒸しパンに混ぜて作ってみようと思い立ちました!

1つは、バターの代わりにエクストラバージンオイルの「レモンオリーブオイル」を入れたもの、
2つめは、水に少し「生絞(きしぼり)醤油」を足したものを作りました♪

家守さんにもおすそ分けすると、「どっちも美味しかったですけど、あえて選ぶならレモンうまかったッス!!」と言ってくださり、パートナーにもレモンは高評価でした✨

しょうゆの方の蒸しパンにはバターを入れていたので、バター醤油的な蒸しパンになって結構甘くて美味しかったです♪

こうやって拠点先での特産品を使った蒸しパン作りはみんなに振舞うことも出来るし楽しいので、どんどん作っていこうかな☺✨

今日のご飯

はなまるうどんみたいな注文なのですが本場のうどんはコシがあって最高だった!

さぬきうどん 來家(おいでや) · 〒761-4101 香川県小豆郡土庄町甲41−5
★★★★☆ · うどん屋

今日の支出

※パートナーと2人分

【ドネーション】
調味料代
乾燥機代
=500円

【外食費】
讃岐うどん
=1110円

【食材費】
オリーブそうめん
=380円

【娯楽費】
妖怪美術館×2人
=5000円

合計=6990円

タイトルとURLをコピーしました