不安は9割捨てました/大原扁理

📚本の感想

きましたきました!
大好きな大原扁理さんの新刊!
今回は「のんびり生きようよ♪」というような、エッセイになっています!

 

↓音声で聞きたい人はこちら

📕不安は9割捨てました/大原扁理 - あみーご@元声優×福祉×読書 | stand.fm
大好きな大原扁理さんの新刊エッセイ! 東京で年収90万円&週休5日の悠々自適生活を送っていた大原扁理さん。 出てる本は全巻買ってるのですが、今回は価値観やライフハックをメインにした1冊となっております! その中でも面白かったのは「人間関係で上手くいかない黄金のパターンがある」...

 

💛

 

大原扁理さんとは?

大原扁理さんは、中学からのいじめ、なかなか続かないアルバイト・・・
色々あったあと、国分寺市の2万円代の物件に住み、わずか25歳にして隠居生活を始めます😲

なんと年収90万円!週2日しか働かない悠々自適ライフ。うらやましすぎる…!!

 

最近といえば、

何かと「時間を有効活用しよう!」「朝活でクリエイティブに生きよう!」と謳われていますが、
大原扁理さんは「頑張りすぎない」を基本にしていて、
プーさんの名言の「何もしないをしよう!」を実現されている人でしたw

 

ちなみに今は台湾に住まれています☺

 

↓東京時代の書籍でおすすめはこちら

 

本に書かれていること

・ニュースとの関わり方として、テレビは見ずにラジオだけ聞く
・自己肯定感を高めるのではなく、[自己否定感を下げる]
・相手の暴力性を引き出してしまう相性もある

などなど、めちゃくちゃ興味深い章がありました!

ここでは私の響いた箇所を1つだけ紹介しますね。

 

 

人間関係がうまくいかない黄金パターン

大原扁理さんは学生の頃、
1個上の先輩には殴られたり、教頭に叱られたり、副店長には目の敵にされたんだとか💦

考えられることとしては、私が空気を読まないので和を乱してしまうこと。
そして和が乱れて叱られたり、それを調整しなくてはいけないのはだいたいその場の「ちょっと上」にいる人である。

P134 不安は9割捨てました/大原扁理

大原扁理さんはどうしても制服が着たくなくてずっとジャージを着ていたのですが、風紀を乱すということで先生に怒られ、先輩には目をつけられていたと。
それでも屈することなく、3年間ジャージを着続けていたのは強すぎますがww

自分が曲げられない性格のせいで、ちょっと上の人に嫌われていたんだ・・・と発見出来たわけですね。

逆に、「ちょっと上の人じゃない」同級生や2個上の先輩などは、トラブルになることなく、逆によくしてもらえたりしたようです。

  

この章を読んで、私はどんなタイプに嫌われてたかなぁ?って考えたら、

「店長」というトップに嫌われてました😂w
 

仕事でアイディアが浮かびすぎて一人で暴走するので、店長を無視した状態で物事を進めてしまっていたらしく、

「あみーごさんが勝手にやってることを、みんな私に(確認として)聞いてくるんだけど(# ゚Д゚)」と、どちゃくそ怒られていましたw
が、それでも治らないのか何度も勝手にやっちゃうんですよね~~(笑)

やる前にいちいち上に確認しなくちゃいけないのが煩わしかったんです。
でも、仕事ってチームワークだから、こうゆうのしちゃうと「和を乱す」んですよね。

今は、

在宅で仕事をし始めているおかげで、刺激が少ない=アイディアが浮かんで頑張りすぎることがないので、
この暴走は止めることが出来ています!w

自分の黄金パターンを見つけることで、自分の性格を知ることができ、色々な対策が出来ていいですね☺

 

 

最後に

私はアパレルで働いていた頃、人生で1番忙しく、ストレスでお給料全部使っていました(;^ω^)
働けど働けど、ストレスは溜まるのにお金は貯まらない。w

なので、大原扁理さんみたいな生き方をしよう!と思い、現在激安物件に引っ越しを検討しています。
自分が「毎月いくらあれば死なないか」を検証して、その必要なお金だけを稼ぐ生活をしていきたいです☺

 

 

 

あみーご

タイトルとURLをコピーしました