十二単衣を着た悪魔/内館牧子

📚本の感想

フリーターの男の子が、[源氏物語]の世界にトリップしてしまうお話です♪
現代語訳してくれているのでめちゃくちゃ分かりやすく、かつゲラゲラ笑えてすごい面白かった!!

時代小説とかハードル高いイメージでしたが、サクッと読めましたよ☆

 

↓音声で聞きたい人はこちら

📕十二単衣を着た悪魔/内館牧子 - あみーご@元声優×福祉×読書 | stand.fm
フリーターの男の子が「源氏物語」の世界にトリップしてしまう小説♪ 源氏物語って結構長くて読みづらいらしいのですが、こちらは内館牧子さん風に現代語訳して、ゲラゲラ笑える作品になってます🤣 「弘徽殿女御(こきでんのにょうご)」が強い女でカッコよすぎるのです!!😍 ↓テキ...

 

💛

 

あらすじ

主人公は、就活してもしても全く受からず、アルバイト生活を送っている男の子。
優秀な弟がいるが、それに比べて自分はダメダメで劣等感だらけ・・・

ある日、イベント設営の単発アルバイトが決まり、
内容が「源氏物語で病気していたキャラクターは、現代だとこの薬が効いたんじゃないか?」的なお薬イベントだった。

スタッフの主人公は源氏物語のあらすじのパンフレットと市販薬を貰い、「面白いイベントだったな~」と思いながら家に帰ると、
突然!1000年前の源氏物語の世界にトリップし・・・!!!

 

ザックリとこんな感じですw

 

 

内容

[源氏物語]を現代語訳してくれているので、めちゃくちゃ分かりやすかったです!

急に1000年前の世界にトリップするんですが、主人公はあらすじを把握しているので、預言のできる[陰陽師]として溶け込みます。

でね!
この小説の何が面白いかって、主人公が一切現代に戻ろうとしないところ😂www

普通、
「え??!!なんで!帰りたいんだけど!!」って必死になるじゃないですか😲

村人に聞き取り調査して歴史を調べたり、トリップした場所に戻ってどうにか現代に戻る努力すると思うんですが、主人公はそうゆうのを一切せず、むしろ「現代に戻りたくねーーーずっとこっちにいてーわー」みたいなww

まともにお風呂に入れないし、ご飯も素朴だし、ベットとかない寝室で不便な生活なのに、普通に馴染んじゃってるww

新しいトリップ小説だな~って思って、斬新でした!

 

 

光源氏よりも弘徽殿女御

[源氏物語]といえば、女をとっかえひっかえし誰をも魅了する男子[光源氏]が人気なのですが、
この小説では、弘徽殿女御(こきでんのにょうご)というキャラクターがわりとメインで出てきます。

 

簡単に説明すると、

王様とお妃様の息子が[春宮(はるみや)]で、王様の愛人との間の子が[光源氏]なんです。

 

でね、

このお妃様の[弘徽殿女御(こきでんのにょうご)]がまぁ~~カッコイイの!

この時代の女は[奥ゆかしさ]がモテるんですが、弘徽殿女御さんは現代風でいうと[キャリアウーマン]!

  

実は私ね『恐い女』と言われるのは嫌いじゃないの

P128 十二単衣を着た悪魔 /内館牧子

『可愛い女』には、バカでもなれる。しかし『恐い女』になるには能力がいる

P128 十二単衣を着た悪魔 /内館牧子

 

などなど、

男に媚びる女はアホだと言わんばかりの事を言いまくり、男たちから引かれてしまうのですが、
主人公は弘徽殿女御の潔さに「いいぞいいぞ、清々しいぞ!」とうっとりします☺

 

一夫多妻制

日本も昔は一夫多妻制だったみたいですね。

この小説でもみんなバンバン愛人を作るんですが、
この愛人が、同じ家や、近くの敷地に住んでるんだからつらいつらい💦

光源氏もすごくて、現代でいうとセックス依存症だったのでは?並みの元気さで、
もう誰と寝たのか、読んでるこっちも覚えきれないほど。😂

1000年前の手口は、寝込み襲うのが主流だったようですよ・・・!(;’∀’)

 

 

映画化

去年の11月に映画化されましたが、主人公の伊藤健太郎くんが事件を起こしたことであまり流行らなかったそうで・・・

でも、弘徽殿女御の女優さんが若いけどイメージ通り結構かっこよい感じで、芸人さんも出てギャグっぽくも作られてる感じだし、絶対面白いと思う!
Amazonプライムとかで出たらソッコーで見ようと思います!

 

↓公式映画サイト

映画『十二単衣を着た悪魔』公式サイト
2021年8月4日(水) Blu-ray&DVD発売!原作は『十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞』(幻冬舎文庫)。 無数の名作傑作を生みだしてきた脚本家・小説家の内館牧子の手によるもので、ヒントとなったのは映画『プラダを着た悪魔』(06)の、メリル・ストリープが演じたファッション誌の辣腕編集長だ。つまりはイメージを重ねら...

 

あみーご

タイトルとURLをコピーしました