Netflix「監視資本主義」/SNSとの付き合い方/スマホ断食

雑記

Netflixオリジナルのドキュメンタリー映画で
Facebook、Twitterなどの元社員SNSの危険性について告白していました。

監視資本主義: デジタル社会がもたらす光と影 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト
ドキュメンタリーとドラマを織り交ぜて、自身が開発したテクノロジーに警鐘を鳴らす専門家らとともに、SNSが人間にどれほど危険な影響を及ぼすのかを検証する。

↓音声で聞きたい人はこちら

Netflix「監視資本主義」/SNSとの付き合い方/スマホ断食 - あみーご@元声優×福祉×読書 | stand.fm
SNSは自分好みのページにカスタマイズしてくれているけど、 反対に ・自分の情報が徴収され、操作されている ・いいね!の数が少ないことを理由に自殺者が増加 ・1日中スマホをいじってないと気が済まない中毒になっている ↓Netflix ...

💛

自分好みのページになる裏側で

ドキュメンタリーの中では主にFacebookのことを説明していたんですが、

自分がクリックする動画や記事をAIによって分析され、
「あなたにはこんなオススメの動画がありますよ」とトップ画面に載るようになる。


そこから商品の購入に繋げたり、

もっとそのSNSに留まってもらえるように依存度を増すような戦略を立てられたり。

メッセージのページでは
「今、相手が返事を入力中です」というのも、
メッセージのやり取りを頻繁にしてほしいからということで
ちょっと怖くなりました。

SNSで反応がもらえないことへの憤り

SNSに依存してくると、

フォロワー数=自分の味方がこれだけいるという錯覚に陥っている気がして。

私は今Twitterでは300人のフォロワーさんがいるんですが、
勝手に「この300人は私の味方なんだ」と錯覚に陥ることがたまあります。

呟きに対して共感してくれたり、たくさんイイネをくれたことに対し快感を覚える一方で、

いざ自分が宣伝したり助けてほしいと呟いたときに反応がないと
「味方がこれだけいるはずなのに、なんで誰も反応しないの?!無視してるの?!」
って勝手に裏切られた気分になります。

そんな時はいつも「何者でもない私に反応しないなんて当たり前だよね」と

人のせいにしている自分をなんとかなだめたり。

宣伝しないことにイライラ

例えば、人のオススメしているグッズや、お店に行ったとします。


自分がそれについてメンションをつけて

「これ買いました!すごくよかったです」「ここのお店行きました!すごく素敵でした!」

呟いたにも関わらず、
返事がなかったとします。

そうすると、SNSの常識(勝手な自分の価値観ですが)を守らない人に対してイライラしてしまうんですよね。

普通返事するよね?
返事した方が絶対喜んでもらえるからいいのに
人のこと大事に出来ないのかな?
インフルエンサーになりたいなら宣伝しないダメじゃん?

という怒りがふつふつと湧いてきてしまうのです。

ペルソナにファンがついてもいいのか?

「フォロワーが1000人になるまでは人のための呟きだけにしよう」
よくビジネス書にはこんなことが書かれています。


私も一時期、有益な情報しか載せないぞと意気込んで頑張っていました。
そりゃあ私生活の独り言や、グチを呟く言うような人のアカウントをフォローしようと思う人はいないですよね。

でもそうなると、
完全に宣伝に振り切ったり、格言的なことを言う自分を演じなければなりません

普段の自分は、格言なんて言わないからね・・・

で、その憧れのインフルエンサーを真似た行動をして
だんだんフォロワーさんがついたとしても、
「ペルソナの自分を応援したいと思った人」たちだけであって、
本来のネガティブな自分とか、政治的なことを話す自分を出した瞬間に離れていくんですよ。

フォロワーが減るのが怖くて本音が言えなくなる

そうやってネガティブ発言や政治的発言をしだした瞬間、

ぶわーっとフォロワーさん減ったら今までのペルソナ努力は無駄になるし、

YouTubeやstandfmは登録者数1000人を超えないと収益化は出来ないので、
ネットで収入を得たいと思っている人はこの「フォロワーが減る」というのは
夢の実現を遅くさせてしまいます。

でも、ペルソナで1000人の登録者数いったとしても
果たして自分は楽に配信し続けることが出来るのか?って話ですよね。

収益のためにもう飽きててもやらなきゃいけない状況になってたり
変わることが出来ず辛くなってるなら、

もう自分出していいんじゃない?なんて思います。

スキマ時間を有効活用しよう!はやめる

音声配信が流行り始めて一気に「ながら聞きでスキマ時間を有効活用しよう!」
という働きかけがありますが、

もうスキマ時間はスキマ時間」でいいんじゃないか?とも思う。

無理やり「バスが来るまではラジオ聞いて勉強しなきゃ!」
「掃除してる間にも聞くのがいいって言ってたから聞こう!」みたいな、

人生の一秒たりとも無駄に過ごしたくないがために聞いたり、
自分の有益ではない情報はさっさと見切りをつけてチャンネルを変えるという
ストイックな人もいますけど、

人生には有益でない無駄なことだらけだし、無駄なことをしている自分でもいいと思います。

もちろん、
ブラック企業に勤めてて鬱になりそうだーみたいな
危機的状況は早く切り替えた方がいいですけど。

SNSという娯楽に関してはそこまでストイックにならなくていいし、
なる必要ってあるのかな?

ネットに四六時中苛まれているほうが、精神衛生上よくないですよね。

週に1度、スマホ断食する日を作る

ヴィーガン界隈では、一般人でも気軽に出来るように

ミートフリーマンデーという「お肉を食べない月曜日」を呼び掛けています。

週に1回なら出来そう、ってハードルを低くしてるんですね。

スマホも、週に1度触らない日を作ってもいいんじゃないかなと。

私は今、午前中だけいじって午後は触らないようにしているんですが、
その午前中だけでも、

YouTube見ながら&コメント見ながら&ブログ読みながら&ToDoリストを作るっていう
マルチタスクしちゃってて、5時間とか普通にいじっちゃっているので


もうこの際、スマホフリーサタデーみたいな、そんな1日を作ってリフレッシュさせたいですね。

ということで、最近はもっぱらSNSとの付き合い方を考えています。
もちろんSNSのおかげでいろんな人と繋がれたしとても楽しい部分もあります。
いい距離感で関わっていけたらいいな。

あみーご

タイトルとURLをコピーしました