認知症のおばあちゃんが「要介護1」になりました!

認知症

ついこないだまで「要支援1」という1番軽いレベルだったのですが、
お医者さんや役所の方に介護日記を見せると、「前頭側頭型認知症」と「要介護1」になり。
本当に介護日記の効力ってすごいなと実感しました😂

今回は「要介護1」のおばあちゃんとの買い物支援と、

耳鼻科に行く方法をシェアしていきますね。

↓音声で聞きたい方はこちら

認知症のおばあちゃん「要介護1」になりました😌 - あみーご@元声優×福祉×読書 | stand.fm
お医者さんの「認知症じゃないですね」と誤診断を受けてから急展開で、 介護認定の結果も、要支援1から「要介護1」にレベルアップしました😂 介護日記を見せたおかげだからだと思います。毎回こまめにつけてくれていた家族にほんとに感謝😌 ↓テキスト版はこちら 認知症のおばあちゃ...

💛

2年間で認知症は進む


おばあちゃんは2018年の後半から物忘れが増えてきて、「おばあちゃんももう年だもんね~」なんて思っていたのですが、
1人暮らしだと刺激がないのか毎日毎日同じことの繰り返しになってしまい、どんどん進行していっちゃうんですよね。

今では、スーパーの買い物メモも5秒も覚えていられず、何回もメモ書きと買い物カゴを見て確認している感じです。

叔母がおばあちゃんの介護日記を書いてくれており、介護認定も無事に「要介護1」になりました。
これで利用出来る福祉サービスの日程が増えます☺

これを機に、
買い物のサポートの仕方を考えたり、耳鼻科に行ったりしてきました。

買い物の支援方法

スーパーでの陳列順&ジャンル別に書く

おばあちゃんと一緒に買い物のメモを書きます。


スーパーの入口はだいたい野菜コーナーから始まるので、
買い物メモの最初の項目は野菜から書き始めます

(例)
【野菜】
たまねぎ
キャベツ
とまと

【魚】
アジの開き
サバ

【肉】
牛肉
鶏肉

カゴに入れたら線で消す

買い物中はペンを持っていき、カゴに入れたらペンで線を引きます


(例)
【野菜】
たまねぎ
キャベツ

とまと

カゴには品物が見えるように入れる

見えてないもの=ない と認識してしまうので
カゴの中は品物が見えるように平たく並べて、目で見て認識してもらいます。

(例)

×

こうすることによって、思考が整理されるので
1つ1つ順番に探しに行けて、品物をカゴに入れることが出来ます。

これはADHDなどの注意散漫しやすい方にも役立つ方法です。

 

 

耳が遠くて耳鼻科に行く


私のおばあちゃんって耳も遠くて、
テレビの音をめちゃくちゃでかくして聞いているから音量どのくらいで聞いてるのかな?って思ったら
なんと、48レベで聞いてましたwwwww

インターホンや電話の音も聞こえなくて、犬が「ワンワンワン!!!」って叫んでやっと電話が鳴ってることに気がつきます。
さすがに耳の病気かなんかか?と疑いまして、耳鼻科に行きました。

耳鼻科への行き方


・普段普通の人が使ってる耳鼻科に行く
・「後期高齢者医療保険」の保険証を持っていく
・聴力検査だけなのでお薬手帳は持っていきませんでした

流れ

誘う編

まずおばあちゃんに対して

「健康診断みたいに気軽に行こうよ」「私も花粉症のお薬貰いに行くから」

などと言って誘い出しました。w

病院編

受付で「おばあちゃんの聴力検査をしてもらいたくて」と伝える

コロナ関連と、耳についての問診表を書く
(おばあちゃんはまだ自分で書けるので、私は見守りのみ)

お医者さんに事情を聞かれる

わたしが「おばあちゃんがテレビの音量を48で聞いてて・・・」と言う

耳垢を見てもらう

聴力検査

結果と補聴器について、お医者さんに説明してもらう

終了

おばあちゃんはお医者さんに「全然大丈夫です!全部聞こえてます!」とか言ってたんですが、
耳垢を見てもらうとすごかったです・・・!(小指の爪くらいのサイズのがww)


そして、すごくスッキリしたのち、聴力検査をしました。

結果は「軽度~中度の、年相応での難聴」。病気じゃなくて良かった~~😌

このレベルだと補聴器をオススメしてるらしいのですが、
おばあちゃんがつけたくないと言っているうちは、無理に付けないようにします。

とは言ってもテレビの音が尋常じゃなくでかくてご近所迷惑になるので、
キッチンとかに置ける、小さなステレオとか買おうかなと思います😂

↓こうゆうやつ

声優のテクニックが介護に役立つ

マスクしていても必ず相手に顔を向けて、「今からあなたに話しかけるよ」というアイコンタクトを取ってからジェスチャーを交えてハッキリと喋ります。

目と耳と簡単な言葉で伝えることで、耳が遠い人でも大きな声を出さずとも理解してくれます。

これは活舌の練習をしていた声優の現場でも、
音声配信のstandfmでも、
マイクに向かってジェスチャーを交えて喋っているので、これがめちゃくちゃ生かされました!

私は介護の現場で働いていたのもあるのですが、障がい児にもこの喋り方は有効なのでみなさん試してみてほしいです。

最後に


認知症の進行が進む分、自分自身も、環境も変化していくので、
おばあちゃんも不安なんでしょうね。

先日、
おばあちゃんちに1泊お泊りしてきたのですが、
物取られ妄想が出てくるのも無理ないな、という感じで新たな発見がありました。

また気持ちと記憶が整理出来たら綴っていこうと思います。☺

あみーご

タイトルとURLをコピーしました